読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大野修一のみらい人事ブログ

求人・人事・組織についてニュースネタを元に綴ります。

私はゲス社員でした…

まるで自分の20代のような記事でした。


日本に巣食う「学歴病」の正体

第17回は

過去の栄光にすがる「中だるみ」中高年社員が減らない理由


辛辣なタイトルですね。

嫌いじゃないです。


著者は吉田典史さんという方で人事・労務分野に長じたフリージャーナリストとのことです。


どこの会社にも存在する、給料は高いが仕事が全くできない中高年社員。


吉田さんは根本は彼らの20代の過ごし方にあると断じています。


20代のときは「自分は優秀だ、そこそこできる」と思っている人が多いようです。

勘違いして上司に怒鳴りつける、感情を露わにする。


いやー読んでて恥ずかしい。それ私でした…


吉田さんは生意気な20代社員の鼻をへし折れと仰っています。


若いうちに「アイツはそこそこできるから」と甘く対応をすると、本人には「気づき」もなく、そのままのスタンスで40代突入。

使い物にならなくなる訳です。


生意気社員が変貌した事例も挙げられており、我が身救われる思いでした。


吉田さんも賛否両論あると断りを入れながらも生意気社員には「厳しい対応」をすることで、当人が絶望するほどの挫折感を味あわせる。


「なんで私はこんなにできないんだ。」

「なんで能力がないんだろう。」


と気づいてもらうことが大事。


嗚呼〜

私はとんでもないゲス社員でした。

今もその傾向はあるので要注意…


でも今、歯向かってくる若手生意気社員はいませんね〜

採用力が上がったのか。

物分かり良い子ばかりなのか。


いつでもウェルカム。

鼻をへし折ってやりますよ(笑)

パワハラに非ず、指導です。