読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大野修一のみらい人事ブログ

求人・人事・組織についてニュースネタを元に綴ります。

「求人・転職情報サイト」に関する調査 マイボイスコム社

先週の金曜にとあるブログの記事が投稿され、社内で話題になりました。


ディップという会社の変遷がわかりやすく、書いてあります。


採用百科事典byリクエストエージェント

http://media.request-agent.co.jp/entry/dip-yakushin


筆者は以前ディップに勤めていました。

その間1社を挟んで現在は企業をしています。


OBの方がこのような記事を書いて頂けることはとても嬉しい思いが致します。


さて、今日はマイボイスコムさんというネットリサーチ会社がまとめた「求人

・転職情報サイト」に関する調査について触れたいと思います。


この調査は9月1日〜5日、合計1万1275件の

回答を得たとのこと。


転職活動方法ですが、圧倒的な1位が「求人・転職情報サイト」で54.1%。

続いてハローワークなどの公共機関で48%。


やはり紙媒体は支持を失っていると言ってよいと思います。「求人情報誌・フリーペーパー」は18.6%でした。


逆に「就職・転職エージェント」(人材紹介)は25.5%。

転職領域においては人材紹介が広告に着いでスタンダードな手法になってきているように思います。


続いてサイトで利用したサービスは「リクナビ」(47.5%)、「マイナビ」(36.6%)、最近好調とよく聞く「エン・ジャパン」(22.・%)となっています。

リクナビ強しという印象ですが、私が現場で回っているとエン・ジャパンさんが頗る反響も良いということでした。


最後に上記のサイトを使う理由ですが、1位が「求人件数の多さ」(51.9%)、続いて「希望の業種、職種の求人案件の充実度や「情報のわかりやすさ」、「検索のしやすさ」が3割程度で続いているとのことでした。


案件を豊富に抱えていることがユーザーバリューに直結するのだなと改めて認識をしましたが、となるとindeedなどの検索エンジン型が主流になっていく?という疑問も湧いてきます。


次回の調査にはやはりindeedさんは加えて分析して頂きたいです。


▪️マイボイスコム社のアンケートデータ

http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=21812